ストレスとセロトニンの関係

女性と男性は脳の使い方が違っていて、女性は同時に物事を考えることができますが、男性は基本的に一つの物事しか考えられません。この考え方の違いでストレスを感じやすくなり、うつ病になってしまいます。
また、ホルモンの入れ替わりが激しく、これもストレスの一つとなります。このホルモンは感情の調整に関わってくるセロトニンという神経伝達物質と関係があり、セロトニンは気分をよくしたり、興奮や不快感などを抑える働きをしますが、女性は元々セロトニンの分泌量が少ないのでイライラやストレスが溜まりやすくなります。
そもそも、うつ病とはセロトニンの分泌が少なくなることで引き起こされる病気で、その引き金となることが精神的ストレスや構造的ストレス、温度・湿度のストレスと考えられています。この病気になると食欲の低下、不眠(なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める)、何をするにも億劫になります。
しかも、自分は甘えているだけだから大したことはないと他人に相談できなくなります。一人で抱え込むとさらに症状が進み、自分を責めたり、自暴自棄になり精神的な異常がでてきます。
今まで好きだった趣味や食べ物に対しても興味がなくなってきて、最終的には生きていくのが辛く感じて死を考えてしまうこともある病気です。そのような理由から女性は男性よりうつ病になりやすいといわれていますが、誰にでもかかる可能性があるため一人で抱え込まず、ストレスを感じた段階で周りの人に相談してみてください。
また、ストレスが溜まっていることに気付かず、知らず知らずのうちに間にうつ病になってしまっている場合も少なくありません。うつ病にならないように>>http://xn--q9jbb1k831pqq6b8z0c.net<<などのサイトを読んで、普段から対策を練っておく工夫も大切です。